女性

変形性膝関節症対策を進めよう|栄養補助食品で体の内側から解消

コレステロールを下げる

男性

DHAは悪玉コレステロール値を下げて、善玉コレステロール値を上げる効果があります。動脈硬化や心疾患・脳卒中などの予防にも期待されています。悪玉コレステロール値が高い人は、サプリメントでもいいのでDHAを摂取することです。

もっと読む

血行を改善するには

手

冷え性は食事を通して改善することができます。身体の内部から暖める食品を食べたり、血行改善効果のある食品を食べることが効果的です。それとは反対に、ナス科の野菜やトロピカルフルーツなどの果物は身体を冷やすので避けましょう。

もっと読む

最適なものをしっかり選択

栄養補助食品

DHAやEPAは、サプリで摂取すると、純良な本来の成分のみを摂ることが出来ます。比較のポイントは、多様ですが、産地や検査、含有量について確認しましょう。また、人気のあるDHAやEPAは、商品数が非常に多い特徴があります。品質や含有量で迷ったときは、追加成分から選ぶことも検討してみてください。

もっと読む

膝痛を改善するには

膝

誰でもなる可能性がある

変形性膝関節症は年をとると誰でもなる可能性がある病気です。膝関節の間にある軟骨がすり減ってしまうことにより発症し、骨同士がぶつかったり神経を圧迫するので、動くたびに膝が痛みます。軟骨は若い時でもすり減りますが、若いうちは細胞分裂する力が強いためすぐに軟骨が再生するため痛くなることはありません。しかし年を取るとなかなか元の状態に戻りにくくなるので、軟骨がすり減った状態が続きます。変形性膝関節症を発症すると家事をしたり歩くだけでも痛くなるので、それが苦痛になり行動範囲が狭まっていきます。すると筋肉が衰えてきて益々体を動かしにくくなるばかりではなく、太ってしまうこともあります。変形性膝関節症がきっかけとなって、他の病気にもなりやすくなるため早めに改善することが大切です。

軟骨を再生させるには

変形性膝関節症を予防改善するためには、膝軟骨を再生させる必要があります。膝軟骨の成分はコンドロイチンやコラーゲン、グルコサミンなどです。これらを食事などで摂るようにしたり、栄養食品を利用して摂るようにすると変形性膝関節症を改善できます。また体の細胞に栄養を運ぶのは血液なので、膝を中心に足全体をマッサージすることで血流が良くなり再生能力を高めることができます。軟骨成分を摂取する以外で変形性膝関節症を改善するのに効果があるのがダイエットです。太っていると膝にかかる負担が大きくなるので、適正な体重の人と比べると発症するリスクが高いと言われています。また女性はなりやすいため、早くから予防を心がけておいた方が良いでしょう。